LIVERAL

2021/02/22 10:30





LR by LIVERAL 

「ENJYUⅡ」発足秘話


ファクトリーブランドLR byLIVERAL がリリースするなり注目を集めたモデル【ENJYU】

ショルダーコードを引くだけで口が広がる「one hand open system」を採用しており、

巾着バックにショルダーバックとしての機能をかけ合わせた珍しい構造が特徴的です。


そんなENJYUですが当時ブランド発足の駆け出しながらもリリース後、即完売にもなったアイテムです。

現在ではENJYUⅡにアップデートされています。

リリースのキッカケから、アップデートに至ったまで、製作秘話などデザイナーさんの声をお聞きしてみました。


▼ ファーストモデルENJYUを思いついたきっかけは?


定番モノではつまらない

ENJYUの企画を考えていた当時、市場では「サコッシュ」が注目されていました。

しかし、既にサコッシュというジャンルは世の中にあるバッグブランドに網羅されています。

そんな中、「ファクトリーブランドである私達にできる事は何か」を考えました。


私達の強みは「自社で商品の企画製造が完結できる」つまり「小ロットで生産が可能」という点です。

小回りが効くからこそ、万人受けしない強気のアイテムを展開を気軽に行えるのです。

だからこそ「どうせなら、型にとらわれないバッグを作ろう。」と決断しました。


そこで熟考を重ねた結果、たどり着いたのが「巾着型のサコッシュ」です。


偶然ながらも必然的に生まれた

巾着型は、両端を引っ張り開口を行う設計を採用しています。

しかし、これでは開口を行う際に両手がふさがるため機能的ではないと考えました。

そこから、「機能的な巾着型のサコッシュ」を創るべく幾度となく失敗を繰り返しました。


やがて、試行錯誤の末その時が訪れます。

ENJYUのプロトタイプがうまれたのは偶然にもハトメの位置にズレが起きた時でした。

※ハトメとは、紐を通す金具部分のことを指します。




ショルダー部分のハトメに微妙な位置ズレが起きたことで、紐の長さを調節する際に口が開いたのです。
紐に力を加えれば口が開く絶妙な位置を探り当てました。機能に妥協していたら発見できなかった産物です。

そんなENJYUはファクトリーだからこそ偶然ながらも必然的に生まれたのです。




▼ 今回アップデートするに至った経緯

ENJYUⅡでアップデートしたのは外ポケット部分で、従来のオープン設計からファスナー付きへと変更されています

元々ENJYUには、「リフレクターコード(紐部分)や肌に密着しやすい平型の形状」といったアウトドアシーンに向けた

ディティールを詰め込んでいます。

今回のアップデートでは、野外フェスやキャンプなど、より幅広いアウトドアシーンで使ってほしいという思いを込めて

中身がこぼれにくいファスナー付きポケットを採用しました。


▼ どんな方におすすめ?

片手で開閉できる機能性から、美容師さんやデコレーターさんなど、両手がふさがることの多い職業の方におすすめです。

中にはアイパッドなど小さめのタブレットも収まるので、ライターさんなど外出時にPCを手放せない方も愛用しているようです。

一番オススメしたいのは、気取らないバッグを探している方といったところでしょうか。



▼ ブランドすぎないブランドでありたい。

ファクトリーブランド LR byLIVERAL  のブランド理念にも通じますが、

「完璧なものは作らない」という信念をもってデザインされているそうです。

例えば、有名メゾンの高級バッグにはそれ以上に手を加える事は出来ないでしょう。


高級バッグのブランドロゴを敢えて消したり、ピンバッチをつけたりする方は殆どいないはずです。

対して、LR はあくまでベーシックなデザインを採用しており、個人で好きにカスタムをして使用できます。

ハトメ部分にカラビナをつけたり、敢えてブランドタグを切ってしまったりと・・・

購入者の方がそれぞれ楽しみながらカスタムして使って頂ければということです。



『最後になりますが、どんなシーンに使ってほしいですか?』という問いにためらいながらも答えていただきました。


「友人との飲み会・コンビニでの買い物」のような、そんな「肩を張らなくても良い何気ない日常のシーン」

に使って頂ければ幸いです。といってもカバンはモノを運ぶものです。時にはその時々のシーンを共にする相方にも

なります。ましてや気取った装飾品にもなる場合もあるかも知れません。でも主役はいつでもカバンではなくて、使い手

なのかと思います。気軽に使えて、いつの時も脇役の一つとして共にできるものを作れたらと思います。

良かったら名脇役を探してみてください。(笑)



↓↓↓そんなENJYUの機能紹介はこちら↓↓↓

ENJUⅡの機能

1.one hand open system





ショルダーコードを引くだけでさっと巾着の口が広がる

片手で開閉が可能なため、巾着袋の欠点を克服。


2.shoulder code - square purse





巾着バックにショルダーバックとしての機能をかけ合わせた。

通常の巾着は円柱型の立体構造だが、あえて平型の平面的な構造を採用することで中身をしっかりとホールド。


3.ファスナー付き outer poket←NEW!!



外ポケットは、従来のオープン設計からファスナー付きへアップデート。

雨でも中身が濡れにくく、「財布や携帯・マスク」など使用頻度のたかいアイテムを収納しておくのに最適な設計。


4.waterproof zip




ジップ分には、防水ジップを採用。拘りのスムーズ開閉を実現している。


ENJUⅡの素材展開



▼ Super water repellent



生地は柔らかくクチャっとした印象。防水性は高く、ファッションも選ばず使いやすい。



▼ 840 D nylon



ハリのあるゴワっとした生地感、ナイロンで経年変化もしにくく、いわゆるナイロンバッグと言えばこの素材を想像します。


▼ Hard mesh




穴の空いていないメッシュという革新的な素材。「高強度・速乾性・耐摩擦性」を備えており、デザイン性も抜群。


L4008 【ENJYU 2】 

¥7,590(込)

▶素材は2種類

 ① superwaterrepellent

 ② 840D nylon 

 ③ Hard mesh


▶サイズ

 H 28cm × W 20cm × D 7cm


▶ギミック

 ①メインポケット 1つ

 ②フロントポケット 1つ

 ③アジャスト機能リフレクターコード 1つ

 ④止水ジップ

 ⑤ワンタッチオープンシステム(巾着)




長々とご覧いただきありがとうございます。

何となくイメージはつきましたか?

重さはどうなの?触り心地は?

なんて疑問もあるかと思います。

もし、現物をご覧になりたい方は

ポップアップイベントや

お取り扱い店舗様へご来場ください!


▼販売店について


▼インスタグラム


▼LINEオフィシャル


などで様々な情報をリリースしています



▼ ブランドすぎないブランドでありたい。 

例えば、有名メゾンの高級バッグにはそれ以上に手を加える事は出来ないでしょう。高級バッグのブランドロゴを敢えて消したり、ピンバッチをつけたりする方は殆どいないはずです。対して、LR はあくまでベーシックなデザインを採用しており、個人で好きにカスタムをして使用できます。ハトメ部分にカラビナをつけたり、敢えてブランドタグを切ってしまったりと・・・購入者の方がそれぞれ楽しみながらカスタムして使って頂ければということです。「完璧なものは作らない」というデザインソースはユーザー様のオンリーワンにしていただきたいという想いを込めております。


LRbyLIVERALについて(ブランド紹介)

『EGG PACK 』 人気の秘密・・・