LIVERAL

2021/12/02 17:58


3way tote


LR by LIVERAL発足時に一番最初にスタートしたモデル

3waytote

もともと、ビジネスユーザーが普段でも使いやすいTOTEをという

想いからは企画したモデル。

TPOに合わせて使いやすいようにと随所に工夫がされている。


L1105【3way tote s】 ¥19,800(込)

L1102【3way tote】 ¥20,900(込)


▶素材は3種類

superwaterrepellent / 840D nylon / Paraffin canvas

*素材のギミックは素材紹介にてご案内しております。

サイズ

 *各サイズは商品ページでご確認ください


ポケットの数

 ①メインポケット 1つ

 ②手帳/サブポケット 2つ

 ③鍵ホルダー 1つ

 ④ジップポケット 2つ

 ⑤パソコンポケット 1つ

 ⑥ペンポケット 1つ


▼ カジュアルライクなビジネスシーン

持ち歩きたいカバンとは???

スーツを着込んで、磨いた靴、お気に入りの時計と、名刺入れ。

身だしなみチェックをしたら、カバンを持って家を出る。

そんな、100%ビジネスというビジネスバッグはLIVERALからはリリースしていません。

『カジュアルライクなビジネスシーン』

必要最低限のギアと最高な品質を感じていただけると思います


持ち運びたい必要なものは何ですか??

・パソコン

・書類

・携帯

・財布

・カギ

・充電機 

・イヤホン

・手帳/ペン

などなど・・・

 + それに加えて 

・水筒(500ml)

・ipad

なんて声も・・・

しかしながら勝手な見解ですが、

重要なことは!!

「カバンが立つ」こと

と勝手ながら考えています。

じっくりとご覧ください。


YKK最高級ファスナー

デザイナーブランド、コレクションブランドのバッグメーカーは

縫製技術、生地もさることながら一流部材を使用しております。

カバンにもS級、A級、B級、C級といったやんわりとした

カテゴリーが存在しています。

この線引きは難しいものの、一つは使う資材にあります。

LRbyLIVERALで3waytoteで使用するファスナーは

S級ランクのYKK最高級製品『EXCELLA®


TOTEは使いやすい。でも手ぶらが正義。

ビジネスシーンは手持ちバッグが必須です。

ですが、移動の時の邪魔さって・・・

皆様もご存知の通り。

まぁ慣れたら気にならないよ。ってのもありですが

背負えるってめちゃくちゃ楽ですよ。


入るものだけで充分にビジネスは戦えます

あれも、これも、不安だからこれも。

一日終えたときに使わなかったものは

カバンに溢れています。

モノもビジネスも使わない、いらないもの

を決めることが重要です。

って・・・インスタグラムの広告を見ました。

安心して使えるから一緒に過ごせる。

ターポリン素材。

ってご存知でしょうか?

知らない方も多いのでは?

学生の時に運動会で親御さんがテントの下にいた風景を

覚えていますか?そうです、あのテントの素材です。

駐車場のパーキングメーターにも使われたりしています。

耐久性、耐水性などに優れ長期的な利用が可能です。

弊社では車製品の縫製も手掛けておりますが、そのような

シーンでも活躍している素材です。

バッグにそこまで、丈夫なものは正直必要ありませんが、

念には念を入れています。


L1105【3way tote s】 ¥19,800(込)

L1102【3way tote】 ¥20,900(込)


はいかがですか??何となくイメージはつきましたか?

正直バッグは世の中に素敵な製品はめちゃくちゃあります。

そんな中でも日本で工業製品を生産する縫製工場が

やるべきことを模索したカタチです。

また、取り扱い店は?重さはどうなの?触り心地は?

なんて疑問もあるかと思います。

皆様からの𠮟咤激励、インスタグラムやLINE、コンタクトページより

様々お受けしています!

長々とご覧いただきありがとうございました。


▼販売店について


▼インスタグラム


▼LINEオフィシャル


などで様々な情報をリリースしています


▶ハッシュタグ

#liveralsnap #liveral #リヴェラル #リベラル #リュック #バッグパック #トートバッグ #ショルダーバッグ

#サコッシュ #巾着 #黒 #黒バッグ #トラベルバッグ #お出かけバッグ #モード #ストリート #アウトドア 

#ミリタリー #ブラック #ootd #モノトーン #ブラックスタイル 


▼ ブランドすぎないブランドでありたい。 
例えば、有名メゾンの高級バッグにはそれ以上に手を加える事は出来ないでしょう。高級バッグのブランドロゴを敢えて消したり、ピンバッチをつけたりする方は殆どいないはずです。対して、LR はあくまでベーシックなデザインを採用しており、個人で好きにカスタムをして使用できます。ハトメ部分にカラビナをつけたり、敢えてブランドタグを切ってしまったりと・・・購入者の方がそれぞれ楽しみながらカスタムして使って頂ければということです。「完璧なものは作らない」というデザインソースはユーザー様のオンリーワンにしていただきたいという想いを込めております。


LRbyLIVERALについて(ブランド紹介)